弁護士費用

各料金体系

法人のお客様向けの料金体系

法人のお客様

 

個人のお客様向けの料金体系

個人のお客様

 

当事務所の料金体系の方針

一般的な感覚からすると、弁護士費用はまだまだ不透明な部分が多いと思います。
例えば、皆さんがレストランで食事をする場合、帰り際の会計がどの程度の金額になるか、会計をするまで全く分からないということはないと思います。それはメニューに料理ごとの金額が明確に載っているからです。
もちろん弁護士が行うサービスの場合、同じ種類の事件でも内容は様々ですので、レストランのメニューほど明確な料金表を作ることは難しいという事情はあります。
しかし、当事務所では、できる限りレストランのメニューのように種類が多く、分かりやすく、そして明確な料金体系をつくることを心がけております。

 

当事務所の料金体系の特徴

1.幅のある料金表示・分かりにくい用語を排除

当事務所の離婚事件の料金体系では、「弁護士費用は事件の難易度により応相談」、「料金 20万円~」、「着手金 30万円~60万円」など、弁護士と面談して見積もりを依頼するまで弁護士費用が読めない料金表示は採用しておりません。
各プランの料金をご覧いただければお分かりいただけると思いますが、「○万円~○万円」という幅のある料金表示は行っておりませんので、ご相談にお越しいただく前にある程度弁護士費用を想定することができます。
また、ほとんどの法律事務所において、着手金や報酬金の金額を決める際、「経済的利益の〇%」という基準を使用していますが、「経済的利益」の意味については、弁護士ごとにその理解が異なることもあるような状況で、弁護士以外の方にとっては非常に分かりにくいものとなっています。
そこで、当事務所では、「経済的利益」などの弁護士以外の方にとって分かりにくい用語を排除し、できる限り明確で分かりやすい料金表示を作成いたしました。

2.ご要望に合わせた詳細なプランをご用意

弁護士が皆様のサポートをさせていただく場合、様々な方法があり得ます。例えば、離婚問題においては、「別居中の生活費の請求だけ依頼したい」、「離婚条件は合意できたので離婚協議書の作成だけお願いしたい」、「自分で離婚協議を行うのでアドバイスだけ欲しい」など様々なご要望があります。
そこで、当事務所では、皆様の様々なご要望に合わせた詳細なプランをご用意させていただいております。

3.安心の事前お見積り

どの程度の弁護士費用がかかるかについては、料金体系をご覧いただくことで事前にお分かりいただけるよう出来る限りの工夫はしておりますが、弁護士費用は高額になることが多いため、それでも不安な方も多いと思います。
そこで、当事務所では、ご依頼をいただく前に、具体的な金額を記載したお見積りを作成させていただき、皆様にお渡しさせていただいております。そのため、お見積りをご確認いただいたうえで依頼するか否かを検討することができますので、ご安心ください。

4.追加請求の心配はご無用

ご依頼の内容によっては交渉や調停が予想以上に長引いたり、ご依頼の中でご依頼の内容と直接関係しないことも合わせて対応させていただかなければならないことがあります。
しかし、当事務所では、全く別の活動を行う場合や実費がかかる場合などを除いて、本料金体系に記載がある料金以外を後から追加でご依頼者様に請求することはありません。ご安心ください。

その他コンテンツはこちらをご覧ください。

まずはお気軽にお問い合わせください
PAGE TOP